男の下半身の悩み相談所 | BINBIN

男の下半身の悩み相談所 | BINBIN

コラム

魅惑の快感!スローセックスの効果的な方法を丁寧に解説

投稿日:

スローセックス

スローセックスという言葉を聞いたことがあるという人も少なくないでしょう。

日本では、一時期ある著者の本で話題となったこともあり「経験はないけれど記憶にはある」という人もいるはずです。

忙しい現代を生きている私たちにとって、セックスも先急ぐものとなっていませんか?

そのために、刺激がなくなりマンネリを感じていて、恋人や夫婦の関係に暗雲が立ち込めているケースもあるでしょう。

人間に与えられた、繁殖活動以外に愛を伝えあうセックスをもっとより良いものにするために、こちらではスローセックスについて詳しくご紹介します。

スローセックスの効果的な方法や意味を知る内に、私たちにとってのセックスの意義を感じることにもなるでしょう。

 

スローセックスって何?

スローセックスって何?

まず、スローセックスについて理解を深めていきましょう。

直訳すると「ゆっくりとするセックス」ということになります。

が、それだけではないのです。

あなたは「ポリネシアンセックス」というものをご存知ですか?

5日間かけて行うセックスのことで、最初の4日間は優しく前戯をするだけで5日目に挿入し、時には挿入したままピストン運動なしで絶頂を迎えることの出来るものです。

このポリネシアンセックスがスローセックスの元になったとも言われています。

私たち人間は、繁殖活動のためだけにセックスをするのではありません。

愛し合う男女が愛を伝え、愛を感じるために抱き合う行為をすることが出来る素敵な行いなのです。

この私たちに与えられた特権とも言うべきセックスをする方法がスローセックスでしょう。

射精や絶頂を目的としているわけではありません。

刺激や激しさを求めているわけではありません。

とにかく、愛を伝え絆を深めることが自然と結果に結びついているのです。

「イカせなければ」「感じなければ」と無理に自分を偽る必要もなく、感じたものを感じたままに表現することでセックスに対して肩を張った部分を下ろすことも出来ます。

これらは、時間をかけないセックスを無意識にしているからです。

女性は「早くイカなければ彼のテクニックが悪いって思われてしまう」と思い、男性は「満足しなければ次のセックスはないかもしれない」などと思っています。

単に時間がないだけではなく、相手への想いのかけ方によったものとなっているのでしょう。

スローセックスは、敢えて時間をかけるもので、男性の持久力を試すものでもありません。

大好きな人に触れている喜びを感じ、肌を重ねることが幸せであると認識するためのものであり、射精や絶頂がゴールでは決してないものなのです。

 

前戯を制するものはSEXを制する

前戯

射精や絶頂は頭の中が真っ白になるくらいに気持ちがいいものです。

しかし、これまで通りのSEXでの射精や絶頂とスローセックスを経てのものでは比べ物にならないくらいの気持ち良さを感じることが出来る、と聞けば「試してみようかな」と思うでしょう。

気持ち良さを追求する場合、多くの人はテクニックを磨こうとします。

クンニやフェラ、キスの仕方、体位やピストンの方法など、今や情報の時代ですからいくらべでテクニックを向上させるための方法を手に入れることが出来ます。

中には激しいことが気持ちいいと思っている男性も女性もいます。

しかし、そこで考えて欲しいのは挿入だけ、陰部を刺激することだけが気持ち良さに繋がるのかということです。

セックスをする場合には、少なからず前戯をします。

キスをしてペッティングをして挿入。

カップルによって、その流れは確立していて毎回同じという人もいるでしょう。

その前戯の流れは、自然と出来たルールですね。

そのルールを取っ払うことがスローセックスの大事なポイントとなるのです。

1時間でも2時間でも女性の吸い付くような肌を堪能してください、すると陰部を刺激されていないのに気持ちよくなってくるはずです。

慣れてくると「ドライオーガズム」と言って、挿入なし、陰部への刺激などで射精をしていないのにイク感覚を味わえるようになります。

前戯でドライオーガズムを何度も感じると、最後に射精や絶頂を迎えた時にはこれまで感じたことのない気持ち良さを得られるでしょう。

前戯にはたっぷりと時間をかけること、ルールは無視すること、相手の肌を堪能すること、そして気持ちに余裕を持って取り組むことが本当のセックスを制することに繋がります。

 

今日から使えるマル秘テクニック

今日から使えるマル秘テクニック

スローセックスによる真実の愛を深めるために、今日から使えるマル秘テクニックをご紹介しましょう。

前項では前戯がセックスを極めるためにとても重要なものであるとお伝えしました。

しかし、前戯と言われても漠然としていて分かりにくいのが本音でしょう。

前戯に役立つテクニック、キスとタッチの仕方を詳しく解説しますのでこれまで感じたことのない快感をお互いに得られるように心得てください。

キスと一言で言っても様々な種類がありますので、それらを一つ一つ丁寧に行うだけでもスローセックスに役立たせることが出来ます。

時間をかける前戯に困った時には、いろいろなキスを堪能してみましょう。

まずは、軽く触れるか触れないかのアダムキスと呼ばれるものです。

このアダムという名前はスローセックスを提唱した書籍を販売した著者の名前でもあります。

アダムキスは触れていないようで触れているという刺激が何とも言えません。

そして、ビギニングキスです。

ビギニングキスは、唇のパーツ事に小鳥のキスのようにするもので、上唇へのキス、下唇へのキス、口角へのキスと丁寧に愛することが出来ます。

音を鳴らしながらもキスをサウンドキスと言い、舌を絡ませるのはお馴染みのディープキスですね。

吸い付くキスはバキュームキスと言い、何もキスは唇だけにするものではありませんので、愛する人の全身をキスで覆い尽くすだけでも1時間以上の前戯となります。

タッチの仕方も様々で、先ほどの触れるか触れないかのアダムタッチは髪の毛の先から前進に隈なく行えるでしょう。

触れて欲しい所に手はあるのに、何だか遠い感覚、それこそが大きな刺激となります。

タッチは上半身から下半身へと向かっていきますが、最も敏感な場所は最後まで取っておきます。

乳房や陰部は最後です。

頭の先や爪の先、足の先から内側に向かうようにタッチしていきましょう。

3秒の一回転くらいの割合でのアダムタッチで円を描きながら行うと最高の快感をお互いに得ることが出来ます。

 

スローセックスの具体的実践方法

スローセックスの具体的実践方法

それではスローセックスの具体的実践法です。

スローセックスをする場合には、それまで禁欲していることが望ましいでしょう。

禁欲している分、大きな快感を得て、ドライオーガズムを感じられるかもしれませんよ。

早く射精したい、早く絶頂を迎えたいという気持ちを抑えてお互いに愛情を与えることがスローセックスの極意でもあります。

じわじわと焦らすことで、「早く触れて欲しい」という欲求を高まらせ、実際に触れられた時には涙が出るくらいに感動します。

決して激しく乱暴するする必要はありません。

それは前戯でも挿入している時でも同じで、激しくしたから気持ちいいということではないことを感じてください。

前戯は、前項でもご紹介したキスやタッチの仕方を参考にし、最低でも1時間かけて丁寧に行います。

問題は挿入でしょう。

挿入した途端に「イキたい」という気持ちが掻き立ててきますが、その時間を大事にすることを意識すればゆっくりとじわじわと快感を与えあうことが出来るのです。

挿入してもそのままジッとしているだけでもいいのです。

お互いの体が繋がったことに集中しますので、少しでも動いた時には体を突き抜けるような感覚を味わいます。

じっとして相手と抱き合い、言葉を囁きましょう。

言葉も一つの攻める武器になりますので、優しく甘い言葉を準備しておきます。

究極の実践法は、動かないでそのまま30分間いると、二人の体が溶けあうように一体感を持つようになります。

お互いの体がお互いに馴染んでいくことを感じ、幸せな気分に浸ることになるでしょう。

動かないまま、体位を変えると相手の見え方も変わってきてスローセックスを楽しむことが出来ます。

また、射精や絶頂を迎えた後も後戯で余韻を感じるためにジッとして二人の会話を楽しみましょう。

 

スローセックスでマンネリ化を防止

マンネリ化を防止

二人の付き合いがある程度の期間経過するとマンネリ状態となります。

これは、夫婦にも言えることですね。

会話はいつもと同じ話題になり、セックスも二人のペースが出来上がり「いつもと一緒」を続けていくことになります。

二人だけのルールがあることを幸せだと感じるのは最初だけで、次第にマンネリは「私、この人のどこが好きなんだろう」と感じてしまうことも。

そんな時こそ、スローセックスを取り入れてみてください。

いつもとは違うセックスになるだけではなく、最後の射精や絶頂の快感をこれまで以上のものに変えてくれ、「この人とのセックスじゃないとイケない」と思わせることも出来るでしょう。

セックス中の会話も増え、いつもとは違う雰囲気の二人の絆を深め、体の奥底からの繋がりを感じさせ、より幸せで素敵な二人になれるはずですよ。

 

まとめ

スローセックスに興味を抱いていただけましたか?

普通の激しいセックスもいいのですが、たまには変わったことに挑戦すること、二人の絆を深めることになり、セックスの神聖さを感じることも出来ます。

人間にだけ与えられた繁殖行動以外での愛情を伝えあうセックスをスローセックスを用いて楽しんでください。

お互いに愛情を深め、これまで知らなかった世界を覗き見ることになりますので新境地を開いた気分です。

大好きな気持ちを伝えるためにも優しく思いやりを持ち、あなたが与えられる快感はもっとあることをスローセックスで伝えていきましょう。

-コラム
-

Copyright© 男の下半身の悩み相談所 | BINBIN , 2019 All Rights Reserved.